2007年10月17日

素敵探偵ラビリンス 第3話

BLUE DROPと素敵探偵ラビリンスの共通点。

1 シリーズ構成が高橋ナツコさん
2 登場人物がやたらと頬を赤らめる



  繭樹きゅんは女の子にモテモテ。

 なぜか頬を染めつつ、バイオリンを弾くと、
女の子たちが黄色い歓声を上げます。

 でも、繭樹きゅんは家でバイオリンを弾いていたはず。
 学校にいる女の子たちは、
どうやってその音を聞いたのでしょうか……

 このアニメは探偵ものだから、こういう謎があるわけですね。


 設定では、東京タワー周辺は立ち入り禁止区域。

 でも双子は、女の子にいいところを見せるために、
展望台に上ろうとします。
 繭樹きゅんが止めようとしたところ、
ヘタレと罵られたので、怒ってしまいました。

「ヘタレじゃないもんっ!」



 誰だかわいい繭樹きゅんをこんな顔にした奴は出てこいwww



 結局、繭樹きゅんもついていくことに。

 狭き通路を匍匐前進。
 女の子もいるのに、
懐中電灯を口にくわえているのが男の子なのは、
このアニメが腐向けであることを意味しているのでしょうか。


 展望台にて。
 眼下には旧都と呼ばれる東京、そして海を隔てて新都。
 東京は荒廃し、多くの人々は新都に移り住んだ……
 そんな設定が、今更? 明かされました。

 展望台を激しい揺れを襲った!
 地震? 老朽化による建物の崩壊? 
 それとも、人為的なものなのか!?

 次回「赤と白の真実」に続くようです。
 サブタイで帽子のクイズ思い出しました。

 今期、高橋ナツコさん仕事しすぎと思った方はクリック。
blogrank7001.gif
posted by Animemento   at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:素敵探偵ラビリンス/第3幕 「斜塔の冒険」
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 64 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 47 / シリアス評価 8 / お色気評価 8 / 総合評価 24<br>レビュー数 34 件 <br> <br> 学校に登校してくるなり、いつものように..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-22 14:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。