2007年07月07日

たな☆ばた

 七夕なので、私が書いた小説「たな☆ばた」をサルベージします。
 暇潰しにどうぞ。
 不条理ギャグを詰め込んだラブコメなので、笑っていただければ幸いです。
 萌えていただければさらに幸いですがw

 「たな☆ばた」というタイトルの通り、七夕の話です。
 別に「らき☆すた」の二次創作とかではなくて、オリジナルです。 

 たな☆ばた プロローグ
 たな☆ばた 第1章
 たな☆ばた 第2章
 たな☆ばた 第3章
 たな☆ばた エピローグ

 ※注意

 1 リンクをクリックすると警告が表示されると思いますが、
     私がクリックしたときでもそうなったので、
     安心してファイルを開いてください。
 2 作中で姫華が或彦をアリ彦と呼んでいますが、これとは関係ありません。

 ここから「あとがき」的なことを書きます。

  小説を読んでくださった皆様、ありがとうございます。
 いかがだったでしょうか。
 感想などコメントしていただけると嬉しいです。

 この小説のタイトル案としては、
「たなばた」
「たなばた!」
「たなばたっ!」
「たなばた7」
「タナ×バタ」
「エロス&タナバタ」
 などがありましたが、OP(YouTube)(ニコニコ動画)が大人気の「らき☆すた」を意識して、「たな☆ばた」になりました。

 さて、小説の内容ですが、我ながらとんでもない展開だwww

 (この先ネタバレ注意。読む方は下の方にスクロールしてください)




















































 第1章はホモがメインで、第2章になってようやくヒロイン登場。
 ヒロイン出てくるの遅すぎw
 そして最後の方は、ちょっとストーリーの展開が速すぎたかも。
 結末はまあ、予想できてしまったかもしれませんね。
 スクールデイズ第1話と似てなくもないし。
 この小説を書いたのはアニメが始まる前で原作も未プレイなので、
もちろん偶然ですが。

 でも、百合まではさすがに予想できなかったのではないでしょうかw



 それにしても、小説を書くにはやはり、勉強が必要ですね。
 という訳で、小説を書きたい! という方、こんなものはいかがでしょうか。

ライトノベルを書く!―クリエイターが語る創作術ライトノベルを書く!―クリエイターが語る創作術
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ライトノベルを書く!―クリエイターが語る創作術
[著者] ガガガ文庫編集部乙 一賀東 招二川上 稔桑島 由一新城 カズ..
>>Seesaa ショッピングで買う
タグ:たな☆ばた
posted by Animemento   at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | たな☆ばた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40515941

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。