2009年10月23日

【夢日記】奇妙なデュエル

 管理人が見た夢の中で、弟とその友人が、遊戯王カードで戦ってました。

 遊戯王OCGではデッキの枚数は40〜60枚と決められているはずですが、
弟のデッキは7枚だけ。
 さらに1ターン目から「デーモン・ビーバー」を3体召喚します。
 1ターンに召喚できるモンスターは1体のはずなのに。

「デーモン・ビーバー」はビーバーのモンスターで、
私の夢の中では現実のそのカードよりもさらに可愛い絵になってたけど、
弟が魔法カードを発動すると3体のビーバーの攻撃力は2000を超えて、
一斉に対戦相手を攻撃します。
 ちなみに遊戯王OCG公式ルールでは、先攻1ターン目は攻撃できません。

 ビーバーたちの攻撃が通れば対戦相手は、
自分のターンが回ってくる前に何もできずに敗北となるのですが、
なぜか彼のフィールドにモンスターが降臨、ビーバーの攻撃から
主人を守ります。
 そして彼のターン。
 召喚したモンスター「超時空戦闘機ビック・バイパー」と魔法カード、
「機械複製術」のコンボを決めて、戦闘機がズラリと並びます。
 ちなみにこのコンボも公式ルールではできません。

 彼のデッキ枚数は普通に40枚ですが、
なぜかその大半がすでに山札から直接墓地へ送られています。
 ライトロードでもないのに。

 墓地には2枚の「ビック・バイパー」
 フィールドにも3枚の「ビック・バイパー」
 会わせて5枚。
 言うまでもなく、公式ルールでは同じカードを5枚も、
デッキに入れることはできません。

 なんとも奇妙なデュエルでした。
 
posted by Animemento   at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。